市場ニュース

戻る

【材料】USEN-NEXT HOLDINGS---インバウンド対策で公衆無線LAN事業へ参入、超高速Wi-Fiサービスの提供開始

USENHD <日足> 「株探」多機能チャートより

USEN-NEXT HOLDINGS<9418>は3日、子会社のUSENが総務省に対して公衆無線LANアクセスサービスを提供するための電気通信事業の登録を完了し、より高速でつながるWi-Fiサービス「U-SPOT」の提供を開始したことを発表した。

「U-SPOT」は、Wi-Fiルータの高性能化と接続安定性に加えて、高速・大容量でインターネットにつながるIPv6次世代インターネット接続サービス(プロバイダ)を標準搭載し、より高速な通信環境を実現する。

登録の完了により、商店街、大型商業施設やビルのエントランス、公園、駅、駐車場などの公共スペースへの公衆無線LANアクセスサービスの提供が可能となった。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを目前に控え、政府が約3万ヶ所へのWi-Fi整備を提唱しているなか、同社は「街のWi-Fi化」を推進するための社会インフラ基盤の構築に貢献していくとしている。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均