市場ニュース

戻る

【材料】アサカ理研が一時ストップ高人気、米中摩擦の余波でレアアース関連に短期資金流入

アサカ理研 【日足】
多機能チャートへ
アサカ理研 【日中足】
 アサカ理研<5724>が一時300円高はストップ高に買われる人気となった。株価は前日に急動意、きょうの高値までの上昇率は2日間で34%に達している。米中貿易摩擦が激化傾向をたどるなか、中国側の報復手段として米国が大部分を中国からの輸入に頼るレアアースを取引材料に使うとの思惑が浮上している。市場では「(中国がレアアースを取引材料に使うということは)思惑先行といわざるを得ないが現実味はそれなりにあり、関連株には個人投資家を中心とした投機性の強い資金が向かっている。そのなか同社は電子部品などの都市鉱山から金や白金を中心とした貴金属を回収する事業を展開しており、その連想が及んだとみられる」(準大手証券アナリスト)と指摘されている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新日:2019年05月22日 10時00分

日経平均