市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(1):任天堂、ツガミ、デンソー

任天堂 <日足> 「株探」多機能チャートより
■任天堂 <7974>  39,200円  +4,850 円 (+14.1%)  本日終値  東証1部 上昇率3位
 任天堂<7974>が急騰。ロイター通信が18日、中国広東省が、総合ネットサービス企業でオンラインゲームも展開するテンセントに対し、任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」と同機用のソフトの販売を認可したと報じたことが、手掛かり材料となり投資資金の流入が加速した。任天堂のドル箱商品である「ニンテンドースイッチ」が中国で販売されることにより同社収益を大きく押し上げるとの思惑が株価を強く刺激した。

■ツガミ <6101>  1,115円  +97 円 (+9.5%)  本日終値  東証1部 上昇率6位
 ツガミ<6101>が後場一段高で、連日の年初来高値を更新。前引け後に、集計中の19年3月期連結業績について、売上高が631億円から674億円(前の期比17.1%増)へ、営業利益が89億円から100億5000万円(同44.8%増)へ、純利益が49億円から60億3000万円(同44.6%増)へ上振れたようだと発表しており、これを好感した買いが入った。想定よりも売り上げが順調に推移したことが要因という。また、業績予想の修正に伴い、従来9円を予定していた期末配当を12円に引き上げるとあわせて発表した。年間配当は21円となり、前の期の18円に対して3円の増配になる。

■Genky <9267>  2,772円  +226 円 (+8.9%)  本日終値  東証1部 上昇率8位
 Genky DrugStores<9267>は急反発。午前9時ごろ、上限を30万株(発行済み株数の1.94%)、または10億円とする自社株買いを実施すると発表しており、これが好感された。取得期間は4月22日から6月20日までで、株主還元と資本効率の向上及び経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を図るのが目的としている。同時に発表した第3四半期累計(18年6月21日~19年3月20日)連結決算は、売上高763億9200万円(前年同期比10.2%増)、営業利益28億8800万円(同1.9%増)、純利益21億4700万円(同7.9%増)と同期間として過去最高の売上高・利益を更新した。300坪タイプの店舗を27店出店(閉店は1店舗)したことなどが寄与した。なお、19年6月期通期業績予想は、売上高1050億円(前期比10.7%増)、営業利益43億円(同4.1%増)、純利益31億5000万円(同1.0%増)の従来見通しを据え置いている。

■弁護士ドットコム <6027>  4,195円  +280 円 (+7.2%)  本日終値
 弁護士ドットコム<6027>が続伸。同社は18日、サイバートラスト(東京都港区)と電子契約サービスで業務提携すると発表。この業務提携は、サイバートラストの「iTrust 電子署名用証明書」と「iTrust リモート署名サービス」を採用することにより、弁護士コムが提供しているWeb 完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」利用者の更なる安心と利便性を向上させることが主な目的。今後は共催セミナーや講演会、共同プロモーションの実施なども視野に入れ、安心して電子的な契約締結・管理できる社会の実現に向けて共同支援・推進を図るとしている。

■シード <7743>  1,273円  +80 円 (+6.7%)  本日終値
 シード<7743>が後場一段高。同社はきょう、東レ<3402>及びオルソケラトロジーレンズ「ブレスオーコレクト」を製造販売するユニバーサルビュー(東京都千代田区)と共同事業化契約を締結したと発表。この契約は、「ブレスオーコレクト」のより一層の普及と体制を構築するための協力を強化することが主な目的。将来的には「ブレスオーコレクト」の総販売元をシードに移管し、国内の販売体制を強化していくとともに、アジア各国への輸出体制を整えるとしている。

■デンソー <6902>  5,182円  +156 円 (+3.1%)  本日終値
 デンソー<6902>が3日続伸し、年初来高値を更新した。同社はきょう、トヨタ自動車<7203>及びソフトバンクグループ<9984>のソフトバンク・ビジョン・ファンドと共同で、米ライドシェア大手のウーバーテクノロジーズに合計10億ドル(約1100億円)を追加出資すると発表した。今回の出資は、自動運転ライドシェア車両の開発を継続するとともに、次世代自動運転キットの設計と開発を共同で行い、本格的な自動運転ライドシェアサービス車両の量産化とサービス実用化にメドをつけることが主な目的。トヨタとデンソーは計6億6700万ドル、ソフトバンク・ビジョン・ファンドは3億3300万ドルをウーバーが基となる新会社に出資するとしている。

■ペプチドリーム <4587>  5,950円  +160 円 (+2.8%)  本日終値
 ペプチドリーム<4587>が反発。18日の取引終了後、独自の創薬開発プラットフォームシステム「PDPS」の塩野義製薬<4507>への技術移転の第2ステップが終了し、3回目の技術ライセンス料を受領することになったと発表しており、これを好感した買いが入った。契約によるとペプドリは複数の段階に分けて設定していた技術ライセンス料、マイルストーンフィー及び上市に至った際の医薬品の総売上高に応じたロイヤルティーを受け取ることになっている。今回の技術ライセンス料の金額については非開示。なお、19年6月期業績予想には織り込み済みとしている。

■ルネサンス <2378>  2,048円  +50 円 (+2.5%)  本日終値
 ルネサンス<2378>が3日ぶりに反発。きょう付けの日本経済新聞朝刊で「2019年3月期は、連結営業利益が前の期に比べて6%減の38億円程度になったもようだ」と報じられ、会社側の従来予想43億円を下回ると報じられたものの、同じ記事で「20年3月期は前期の災害影響がなくなるほか、新業態のオープンを計画しており、増収増益となる公算が大きい」とされたことが好材料された。前期の減益は、24時間営業のジムなどの台頭で既存店の売り上げが伸びなかったことに加えて、新業態の開発のための先行投資がかさんだことが要因という。なお、決算発表は5月8日を予定しており、ここでの今期見通しに関心が高まっている。

■スクエニHD <9684>  3,775円  +80 円 (+2.2%)  本日終値
 スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>が3日ぶりに反発している。同社は18日、スマートフォン向け新作トレジャーハンティングRPG「ラストイデア」の正式サービスを開始したと発表。期待感が高まるかたちとなったようだ。

株探ニュース

日経平均