市場ニュース

戻る

【市況】NY原油:反落で63.40ドル、需要鈍化への懸念残る


NY原油先物5月限は反落(NYMEX原油5月限終値:63.40 ↓0.49)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は前日比-0.49ドルの63.40ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは63.03ドル-63.84ドル。米国経済の強さに不透明感が広がり、原油需要の鈍化を懸念した売りが観測された。一部では、17日発表の中国関連の経済指標を確認したいとの理由でポジション調整的な売りも入ったようだ。
《CS》

 提供:フィスコ

日経平均