市場ニュース

戻る

【材料】フェニックスバイオが急騰、高尿酸血症モデル動物に関する特許を取得

フェニクスB <日足> 「株探」多機能チャートより
 フェニックスバイオ<6190>が急騰し年初来高値を更新している。3日の取引終了後、高尿酸血症モデルとその製造方法及び高尿酸血症治療剤のスクリーニング方法に関する発明が、日本において特許登録されたと発表しており、これが好感されている。

 同社が開発したモデル動物作製技術は、ヒト肝細胞キメラマウスにイノシン酸配合餌を給餌することで、高い効率で血中尿酸濃度が高い実験動物の作製を可能にするというもので、同社は同モデル動物により、痛風関節炎などの原因と考えられている高尿酸血症の治療薬を開発している製薬企業や研究機関での研究開発に貢献している。なお、同発明は米国を含む海外でも出願しており、現在審査中という。また、同件による業績への影響はないとしている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均