市場ニュース

戻る

【材料】ラサ工業<4022>のフィスコ二期業績予想

ラサ工 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2019年3月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ラサ工業<4022>

3ヶ月後
予想株価
2,200円

リン系製品が主力の化成品メーカー。半導体用高純度リン酸で国内シェア5割超。建設・土木機械や電子材料も。高純度黒リンの量産技術を確立し、半導体原料として事業化へ。中計では21.3期は営業益33億円を目指す。

19.3期は化合物半導体向け高純度無機素材が堅調。半導体用高純度リン酸もしっかり。だが破砕関連機械が低調。原料高なども重石に。営業益足踏みか。持分益増。株価は高純度黒リンに対する期待から堅調な展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/32,000/2,600/2,700/2,250/283.87/40.00
20.3連/F予/32,500/2,900/2,900/2,300/290.18/40.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/03/03
執筆者:JK

《CN》

 提供:フィスコ

日経平均