市場ニュース

戻る

【材料】横河ブリッジホールディングス<5911>のフィスコ二期業績予想

横河ブHD <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2019年3月2日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

横河ブリッジホールディングス<5911>

3ヶ月後
予想株価
2,300円

国内橋梁最大手。橋梁の設計、製作、保守を主力に、システム建築等のエンジニアリングも展開。工場等のシステム建築で国内トップ。主要取引先は国土交通省や地方自治体。19.3期3Q累計は橋梁事業が好調に推移。

19.3期の受注高は1340億円を見込む。橋梁は増収に加え、採算改善を見込む。システム建築は外注コスト増加で受注抑制。20.3期は利益改善へ。株価は利益回復期待で騰勢強まる。年間配当予想8円増配も後押し。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/145,000/11,000/11,000/8,100/195.98/30.00
20.3期連/F予/152,000/11,500/11,500/8,500/205.66/30.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/03/02
執筆者:NI

《CN》

 提供:フィスコ

日経平均