市場ニュース

戻る

【材料】ファンドクリエーショングループ<3266>のフィスコ二期業績予想

ファンクリG <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2019年2月26日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ファンドクリエーショングループ<3266>

3ヶ月後
予想株価
130円

不動産や太陽光発電ファンドの組成、運用を主力に、不動産や優良企業への投資も行う。民泊等宿泊事業ファンドを新設。18.11期はインベストメントバンク事業で新規開発案件と米国不動産の販売が期ずれが影響。

19.11期は大幅増収、利益の黒字転換と回復を予想。民泊ファンド等の新ファンドの組成フィーや管理報酬等の増加を見込む。国内外の保有不動産の売却等が寄与。株価は業績の進捗とともに強含み、上昇基調へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.11期連/F予/2,050/200/200/150/4.00/1.00
20.11期連/F予/2,250/250/250/200/5.34/1.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/02/26
執筆者:NI

《CN》

 提供:フィスコ

日経平均