市場ニュース

戻る

【材料】富士紡ホールディングス<3104>のフィスコ二期業績予想

富士紡HD <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2019年2月25日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

富士紡ホールディングス<3104>

3ヶ月後
予想株価
3,100円

半導体向け等の研磨材と、機能材料や医薬中間体等の化学工業品、繊維素材や肌着の「B.V.D」の繊維が3本柱。東京金型を子会社化。19.3期3Q累計は研磨剤と化学工業品が堅調も、原材料価格の高騰等が影響。

19.3期は主力の超精密加工用研磨材は好調な半導体需要を背景に伸長が続く。また、化学工業品は機能化学品や医薬中間体等の受託製造の堅調な推移が続く。株価は年初からの上昇基調継続。3%台の配当利回りも後押し。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/38,500/4,500/4,500/3,000/262.46/100.00
20.3期連/F予/40,400/4,725/4,725/3,150/275.59/100.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/02/25
執筆者:NI

《CN》

 提供:フィスコ

日経平均