市場ニュース

戻る

【市況】【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 「森よりも木」を徹底! 見直すべき個の魅力

株式アドバイザー 北浜流一郎

「『森よりも木』を徹底! 見直すべき個の魅力」

●全般崩落の中、パフォーマンスが光る株も

 下げるにしてもほどがある。ついこう愚痴りたくなる日々だ。日経平均株価は連日の下落。しかも、まだいわゆる「コツン」ときた感じがない。つまり、下げ止まりの兆しがないというのが実際で、日経平均はこの原稿を書いている時点で2万円の大台を割り込みかねない状況だ。

 通常は2万円は大きな節目でもあるため、下値支持線となって下落に歯止めをかけてくれる。こう見るのが自然だが、株式市場にはオーバーシュートが付き物である。一旦下落に向かうと理屈抜きのそれになるため、2万円をあっさり割り込んでしまうことも十分あり得る。

 ただ、改めて書くほどのことではないが、当然株は上げ続けることも、下げ続けることもともにない。現在の下げもどこかで止まるのであり、それは近々訪れると見てよい。

 それゆえ、いまはそれを待つという凡策こそが良策、ということになる。

 こんな状況ゆえに、今年の東京市場はどうしようもない相場だった。こういうことになろうが、全体はそうでも、個別に見ると期待以上に上昇した銘柄が多数あった。この点は忘れないようにしたい。

 上昇が目立った大化け銘柄を5つ紹介すると、次のようになる。

 (1) ALBERT <3906> [東証M] 10.4倍、
 (2) ブレインパッド <3655>  4.8倍、
 (3) リンクバル <6046> [東証M] 3.4倍、
 (4) 鎌倉新書 <6184>  3.1倍
 (5) バリューコマース <2491>  94.6%

 まあ、このような銘柄が大化けした。私はこれらのうち、ブレインパッド、鎌倉新書を注目銘柄に取り上げ、今年の大化け株と無縁ではなかったことにホッとしているが、ALBERTとは無縁だったので、この点は少々悔しい。

●投資の基本に立ち返る

 もちろん、このほかにもさらに多くの銘柄が十分すぎるほどのパフォーマンスを提供してくれていて、来年もこの点に変わりはない。全部の銘柄が下げてしまう、などということはないからだ。

 つまり、個別に魅力的な銘柄はいくらでもあるので、それに投資する。投資の基本となるこの平凡な手法に徹すればよい。これが投資家として生き残る道になることを改めて強調したい。

 さて、ここでの注目銘柄。

 これから海外旅行に出かける人が急増するだろうし、来年の10連休ではさらに増加すると見てよいため、日本エマージェンシーアシスタンス <6063> [JQ]に注目だ。海外旅行先で病気になった時、病院紹介など医療アシスタントに強い会社であり、今後必要性が高まることを考えると株は魅力的だ。

 ネット業界ではもはや新ビジネスとは言い難いだろうが、一般的にはまだ認知度がさほど高くないUUUM <3990> [東証M]も調整局面で拾っておきたい銘柄の一つだ。この会社は ユーチューバービジネスを展開しており、ユーチューバーを育成し、プロユーチューバーとして契約するシステムで収益を伸ばしている。このシステムは、芸能プロダクションと同じであり、今後も成長力をキープし続ける可能性が高く、株も期待が持てる。

 われわれの健康指向がますます強まる中、食物、特に野菜に対する信頼性が求められている。その関連で注目されるのが農業総合研究所 <3541> [東証M]だ。安心安全な野菜を栽培している農家と直接取引し、販売網を構築している会社だけに、株価は急騰はないものの、着実高を続ける確率が高いと見る。

 食品・医薬品・化粧品向けプラスチック容器に強い竹本容器 <4248> も、さらに需要増が見込めるビジネスを展開しており、株も期待が持てる。いまは調整色が強くなっているだけに見逃さないようにしたい。

 底値圏にある銘柄にも目を向けておこう。キリンホールディングス <2503> だ。下値固め中であり、時間はかかるだろうが、安全度は高い。

2018年12月21日 記

株探ニュース

日経平均