市場ニュース

戻る

【特集】利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第4弾 31社選出 <成長株特集>

 12月6日から3回にわたって配信した「利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】」では、18年7-9月期の経常利益が全四半期ベースで過去最高益を5%以上、上振れて更新した銘柄を対象にお届けしました。本特集では、これまでの対象からは外れたものの、18年7-9月期に四半期ベースの過去最高益を更新し、かつ通期計画も最高益を見込む、いわゆる利益が“青天井”状況になっている銘柄をリストアップした。

 下表は、時価総額100億円以上の銘柄を対象に、本決算月にかかわらず、直近3ヵ月実績の7-9月期に経常利益が全四半期ベースの過去最高益を“5%未満”ながら上回った銘柄をピックアップ。さらに、会社側が今期(通期計画)も過去最高益見通しを示している31社を選び出し、7-9月期経常利益の過去最高益に対する上振れ率が大きい順に記した。

 上振れ率トップとなったのはマニュアル制作会社のグレイステクノロジー <6541> 。産業機械メーカーを中心にマニュアルの作成や管理・運用システムを提供するほか、技術翻訳サービスも展開している。18年7-9月期(第2四半期)は業務効率化ニーズが拡大するなか、クラウド型マニュアル管理システム「e-manual」の利用量が増加したうえ、コンサルティング案件も積み上がり、経常利益は1.7億円と過去最高益を4.9%上回って着地。19年3月期は前期比19.9%増の4.9億円と7期連続最高益更新を見込む。

 2位に入った東計電算 <4746> は独立系の情報処理会社で、業種別ITソリューションの開発やネットワークの構築・運用を手掛ける。7-9月期(第3四半期)はシステム運用やソフトウェア開発の受注が伸び、経常利益は前年同期比31.3%増の9.8億円に拡大し、実に42四半期ぶりに過去最高益を塗り替えた。株価は決算発表後に年初来高値を更新したが、その後は全体相場につられる形で大きく調整している。指標面では予想PER13.4倍と割安感があるうえ、期末配当利回りは2.8%と高水準であり、25日の権利付最終日を前に買い戻しの動きもみられそうだ。

 選出リストでは、企業のシステム投資やセキュリティに対する需要の高まりを背景に、情報・通信業の好調ぶりが目立つ。オープンドア <3926> 、ミロク情報サービス <9928> 、オービック <4684> は7-9月期に経常利益ベースで2四半期連続の最高益更新を果たしたほか、ブレインパッド <3655> 、デジタルアーツ <2326> は2四半期ぶりに過去最高益を更新している。

 4位のオープンドアは主力の旅行比較サイト「トラベルコ」がテレビCMの継続で利用者が増加し、成功報酬型の手数料収入が伸びた。来年はゴールデンウィーク10連休やラグビーワールドカップ、再来年には東京五輪開催を控えており、旅行関連として脚光を浴びる機会が増えそうだ。続く8位のミロク情報は一般企業向けに統合業務ソフトの販売が好調だった。年初来安値で推移していた株価は3ヵ月ぶりの高値圏に急浮上したものの、11月28日に海外CBを発行すると発表したことが嫌気され、再び値を崩した。需給面では信用買い残が低下傾向にあり、もみ合い後の上放れに期待したい。

 9位のオービックは大企業向けに統合業務ソフト「OBIC7シリーズ」の導入が拡大したうえ、システムの運用支援やクラウドサービスも好調で、7-9月期(第2四半期)の経常利益は前年同期比15.1%増の105億円に膨らんだ。19年3月期は7期連続で過去最高益を更新する計画だ。17位に入ったブレインパッドは人工知能(AI)を駆使したデータ分析に強みを持つ。7-9月期(第1四半期)は主力のアナリティクス事業で案件の大型化・長期化が進み売上高が拡大したうえ、効率的なプロジェクト管理による採算改善も利益を押し上げた。同社株は今年に入ってからAI関連の高成長株として一気にブレイクし、株価は昨年末比で約5倍に跳ね上がっている。

 20位のデジタルアーツは公共市場で総合セキュリティ対策メーカーとしての存在感が高まり、7-9月期(第2四半期)は自治体など向けにWebとメールのセキュリティ対策ソフトの販売が伸びた。同社は標的型攻撃など外部からのサイバー攻撃による脅威が高まるなか、サイバーセキュリティ関連として注目を集める。株価は全体波乱相場に逆行し、10日に上場来高値7000円をつけている。

●“青天井”シリーズ ─────
利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 27社選出
利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 30社選出
利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 20社選出
も併せてご覧ください。

           ┌─ 四半期 経常利益 ─┐  ┌─ 通期 経常利益 ─┐  予想
コード 銘柄名    上振れ率 7-9月期 過去最高 上振れ率 今期予想 過去最高  PER
<6541> グレイス     4.9   172   164   19.9   495   413 92.1
<4746> 東計電算     4.8   985   940   9.0   3210   2945 13.4
<5304> SECカーボ   4.7  3831   3658   147  15500   6280  4.0
<3926> オープンドア   4.6   478   457   24.7   1450   1163 94.4
<4718> 早稲アカ     4.6  1203   1150   5.1   1686   1604 16.1
<8159> 立花エレ     4.6  1986   1898   1.4   6700   6605  8.9
<4779> ソフトブレン   4.5   328   314   13.5   1150   1013 18.8
<9928> ミロク情報    4.5  1541   1475   13.0   5000   4426 23.4
<4684> オービック    4.1  10524  10112   7.7  38300  35570 30.0
<2502> アサヒ      4.1  76772  73776   3.1  203000  196984 14.5

<6301> コマツ      3.7  99569  96023   12.3  362000  322210 10.3
<6028> テクノプロH   3.5  3162   3056   20.9  13500  11163 20.5
<8020> 兼松       3.3  7994   7735   11.4  29000  26043  7.2
<1802> 大林組      3.3  43801  42403   0.4  144500  143951  7.7
<6240> ヤマシン―F   2.8   552   537   13.3   2370   2091 30.9
<9020> JR東日本    2.5 142067  138579   0.01  440000  439969 13.3
<3655> ブレインP    2.4   214   209   40.1   835   596 76.4
<4206> アイカ      2.2  5539   5420   7.1  21000  19600 17.5
<8117> 中央自      2.1  1079   1057   6.6   4100   3847  9.4
<2326> デジアーツ    1.9   746   732   36.2   2600   1909 43.5

<6538> キャリインデ   1.8   230   226   36.7   1001   732 61.4
<3258> ユニゾHD    1.8  3432   3372   7.0  12300  11500  7.6
<6981> 村田製      1.7  92827  91306   0.3  280000  279173 16.3
<9436> 沖縄セルラー   1.6  3689   3631   0.3  12550  12511 11.4
<2587> サントリBF   0.3  37336  37216   1.4  116000  114442 18.4
<3371> ソフトクリエ   0.2   586   585   0.6   1804   1793 18.6
<7575> 日本ライフL   0.2  2863   2857   0.1  10745  10730 17.2
<7438> コンドー     0.1  1010   1009   4.9   3833   3655 10.4
<6197> ソラスト     0.1  1284   1283   12.6   4687   4164 39.3
<6055> Jマテリアル   0.05  2144   2143   29.6   7700   5941 21.8

<9934> 因幡電産     0.02  4427   4426   2.9  14200  13800 13.4

※ 2017年1月以降に上場した企業と今期見通しを開示していない企業は除いた。四半期の過去最高益は原則、四半期決算の開示が本格化した2003年4-6月期以降の業績に基づいたものです。

株探ニュース

日経平均