市場ニュース

戻る

【材料】ヤマダ電機<9831>のフィスコ二期業績予想

ヤマダ電 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年11月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ヤマダ電機<9831>

3ヶ月後
予想株価
550円

家電量販店トップ。郊外型店舗テックランドや都市型店舗LABI等を展開。アサヒ衛陶と業務提携。白物を軸とした販売にシフト。冷蔵庫、洗濯機は販売堅調。高単価商品への買い替えが進む。19.3期2Qは小幅増収。

18年9月末時点の直営店舗数は973店。テレビは販売増。4Kや有機ELなど高単価商品の構成比率が上昇。携帯電話はiPhone中心に高単価商品が好調。19.3期通期は増収計画。割安感が当面の株価を下支えへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/1,644,000/29,400/37,500/15,300/19.07/13.00
20.3期連/F予/1,655,000/35,000/43,000/23,000/28.66/13.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/30
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均