市場ニュース

戻る

【特集】大川智宏の「日本株・数字で徹底診断!」 第3回

日本株、「ただの高ROE銘柄」は売りの理由
大川智宏大川智宏(Tomohiro Okawa)
智剣・Oskarグループ CEO兼主席ストラテジスト
2005年に野村総合研究所へ入社後、JPモルガン・アセットマネジメントにてトレーダー、クレディ・スイス証券にてクオンツ・アナリスト、UBS証券にて日本株ストラテジストを経て、16年に独立系リサーチ会社の智剣・Oskarグループを設立し現在に至る。専門は計量分析に基づいた株式市場の予測、投資戦略の立案、ファンドの設計など。日経CNBCのコメンテーターなどを務めている。

 これを踏まえれば、現在のような混乱が継続する間は、単純に収益性が高いからという理由だけで、高ROE銘柄に投資をするのはリスクが高いと見るべきでしょう。また、アベノミクスの肝いりで導入されたコーポレートガバナンス・コードが浸透して以来、全体的に高ROE銘柄のバリュエーションが高騰している状態にあります。...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均