市場ニュース

戻る

【市況】13時の日経平均は453円安の2万2161円、テルモが21.49円押し下げ

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより
 23日13時現在の日経平均株価は前日比453.55円(-2.01%)安の2万2161.27円で推移。東証1部の値上がり銘柄数は153、値下がりは1920、変わらずは33と、値下がり銘柄の割合が90%超に達する全面安商状となっている。

 日経平均構成銘柄の値上がりは7銘柄にとどまり、217銘柄が下落。マイナス寄与度トップはテルモ <4543>で、日経平均を21.49円押し下げ。以下、ソフトバンク <9984>が19.67円、東エレク <8035>が16.12円、KDDI <9433>が16円、日東電 <6988>が14.11円の押し下げと続く。

 プラス寄与トップはトヨタ <7203>で、日経平均を1.63円押し上げ。キリンHD <2503>が0.89円、サイバー <4751>が0.37円、トレンド <4704>が0.37円、カシオ <6952>が0.26円で続いている。

 業種別では33業種すべてが値下がり。下落率1位は金属製品で、以下、建設、ガラス・土石、パルプ・紙、電気・ガス、鉱業と並ぶ。

 ※13時0分12秒時点

株探ニュース

日経平均