市場ニュース

戻る

【材料】トヨタが全体相場急落のなか頑強、機関投資家の買い戻しで商いも高水準

トヨタ <日足> 「株探」多機能チャートより
 トヨタ自動車<7203>が全体急落相場のなか、前引け時点でプラス圏で着地する頑強な値動きとなった。市場では「同社の株価は10月3日以降700円近い大幅な調整を入れており、目先は値ごろ感が生じているほか、外国為替市場で1ドル=112円台の実勢からみた為替メリットも意識され機関投資家の買い戻しが観測される。直近は一部証券会社の投資判断と目標株価の引き上げなども株価の刺激材料となった。きょうは全体相場急落のなかでTOPIX型ファンドの指数下支え的な買いも入っているようだ」(国内準大手証券)としている。売買代金は東証1部上場銘柄のなかでソフトバンクグループ<9984>に続く2位となっている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均