市場ニュース

戻る

【材料】関西スーパー反発、客数や客単価の増加で第2四半期業績予想を上方修正

関西スーパ <日足> 「株探」多機能チャートより
 関西スーパーマーケット<9919>が反発している。同社は20日、19年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結業績予想を修正。営業利益見通しは従来の6億8000万円から8億7000万円(前年同期比24.8%増)に上方修正した。

 営業収益も616億9000万円から617億4000万円(同1.4%増)に増額修正。来店頻度を高める取り組みや生産性向上で既存店の客数・客単価が増加したほか、コスト削減効果が寄与するとしている。なお、通期業績予想については現在精査中とし、従来計画を据え置いている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均