市場ニュース

戻る
2018年08月07日10時50分

【材料】ムゲンエスがS安、投資用不動産の販売伸び悩み18年12月期業績予想を下方修正

ムゲンE <日足> 「株探」多機能チャートより
 ムゲンエステート<3299>がストップ安の741円に売られている。6日の取引終了後、18年12月期の連結業績予想について、売上高を762億8400万円から532億8400万円(前期比16.2%減)へ、営業利益を79億5900万円から45億6200万円(同35.9%減)へ、純利益を46億3900万円から23億8100万円(同44.3%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 足もとで投資用不動産の販売件数が伸び悩んでいることに加えて、投資用の区分物件販売の割合が増加したことで平均販売単価が想定を下回っていることが要因としている。

 なお、同時に発表した第2四半期累計(1~6月)決算は、売上高246億3100万円(前年同期比22.0%減)、営業利益25億4200万円(同30.1%減)、純利益14億1100万円(同36.6%減)だった。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均