市場ニュース

戻る

【通貨】今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆主に129円台半ば近辺で推移すると予想される

ユーロ円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、欧州中央銀行(ECB)は2018年前半にもフォワードガイダンスを変更するとの思惑が広がったことで、一時1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。リスク選好的なユーロ買いは一巡しているが、米国はドイツに対して内需拡大を要請するとの思惑は消えていないため、目先的に投機的なユーロ売りは抑制される可能性がある。ユーロ・円は主に129円台半ば近辺で推移すると予想される。

【ユーロ売り要因】
・ドイツの景況感悪化
・米FOMCは金利見通し引き上げ
・ECBの政策金利は長期間据え置きへ

【ユーロ買い要因】
・米国と欧州連合(EU)は貿易障壁の引き下げで合意
・ECBによる資産買い入れ策は年内終了へ
・米長期金利の上げ渋り

《CS》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均