市場ニュース

戻る

【市況】ファナックが投資家心理を冷ますか/オープニングコメント

ファナック <日足> 「株探」多機能チャートより

 26日の日本株市場は米国市場の引けにかけての切り返す流れが波及することが想定される一方で、前日に決算を発表したファナック<6954>が重石になりそうだ。25日の米国市場はNYダウが172ドル高となった。米欧首脳会談の行方などを見極めたいとする模様眺めムードが強まるなかで不安定な値動きが続いていたが、トランプ米大統領とEU首脳の通商協議が妥結したことが報じられると、引けにかけて切り返す展開となった。シカゴ日経225先物は一時22500円を下回る局面もみられたが、清算値は大阪比10円高の22610円と持ち直している。円相場は1ドル110円90銭台で推移。

 トランプ米大統領とEU首脳の通商協議を受けて貿易戦争への警戒感が和らいだことを受けて、やや買い優勢の相場展開になりそうだ。また、海外勢によるショートカバーも強まる可能性が期待されるところ。一方で決算発表が本格化するなか、注目されたファナックについては、4-6月期営業益はコンセンサスを上回っており、順調な進捗となった。また、通期の営業利益は従来の1517億円から1594億円に上方修正している。減益幅が縮小する格好ではあるが、コンセンサスの2000億円程度を下回っていることもあり、弱い市場反応になりそうだ。

 また、米国ではフェイスブックが発表した4-6月期決算は、一株利益が予想を上振れたものの、売上高、月間アクティブユーザー数ともに下振れており、時間外取引で下落して推移している。決算が評価される企業も多いが、主要企業で且つ指数インパクトの大きいファナックが弱い値動きとなるようだと、決算内容を見極めたいとする模様眺めムードが強まりやすいだろう。

 一方で中小型株への物色が強まっている。信用高値期日通過に伴う需給改善への思惑から見直す動きが強まっているようである。本格化する決算を手掛かりとした中小型株物色が活発になりそうだ。とはいえ、ザラ場に決算を発表した企業の中には、急騰、急落といった株価反応が顕著に見受けられている。需給改善が意識されるなか、決算内容を冷静に見極めてからの参加でも遅くないだろう。
《AK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均