市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(1):リミックス、レノバ、弁護士COM

リミックス <日足> 「株探」多機能チャートより
■リミックスポイント <3825>  1,236円  +210 円 (+20.5%)  本日終値
 仮想通貨関連株が高い。リミックスポイント<3825>が急騰したほか、SBIホールディングス<8473>、マネックスグループ<8698>、GMOインターネット<9449>、セレス<3696>などが軒並み高となった。ビットコイン価格が上昇している。仮想通貨交換会社ビットフライヤーによると、18日午前9時時点で、1ビットコイン=82万円台に上昇。約1カ月半ぶりに80万円台を回復した。目立った理由は見当たらないが、前日の午後6時時点では75万円前後で推移しており、値頃感からの買いが流入した様子。これを受け、仮想通貨関連株に見直し買いが流入した。

■ソフトウェア・サービス <3733>  8,600円  +720 円 (+9.1%)  本日終値
 ソフトウェア・サービス<3733>が大幅反発。17日の取引終了後に発表した6月度の 月次売上高が前年同月比6.9%増の10億700万円となり、3カ月連続で前年実績を上回ったことが好感された同社は、病院向け情報伝達システムや電子カルテの開発が主な事業。なお受注高は同50.8%増の12億6600万円と大幅に伸長しており、今後の売り上げ増への期待も強いようだ。

■古野電気 <6814>  1,178円  +64 円 (+5.8%)  本日終値
 古野電気<6814>が大幅に4日続伸し新高値。12日に決算発表を行い19年2月期の連結営業利益を従来予想の22億円を40億円(前期比2倍)に大幅増額修正した。同社は船舶用電子機器で世界トップ。商船向けや漁船向けなどが好調に推移したこの好業績を受け、水戸証券では17日、同社株のレーティング「B+」を継続するとともに目標株価を1100円から1400円に引き上げている。

■レノバ <9519>  1,775円  +76 円 (+4.5%)  本日終値
 レノバ<9519>が大幅高で8連騰、一貫した上昇トレンドで1800円台乗せを果たし、4月につけた実質上場来高値1850円(分割修正後株価)更新を視界に入れている。太陽光発電などを中心とする再生可能エネルギーに展開、18年5月期は前の期比32%増の36億7900万円と絶好調。今期は19年3月期決算で10カ月の変則決算となるが、37億円予想と前期実績を上回る水準を予想している。秋田県でのバイオマス発電事業が業績に貢献している。ここにきての記録的な猛暑で電力供給不足が意識されるなか、同関連銘柄としての切り口も株高に反映されている。

■弁護士ドットコム <6027>  3,300円  +115 円 (+3.6%)  本日終値
 弁護士ドットコム<6027>が4日続伸し、年初来高値を更新した。同社は17日、Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」の累計契約締結件数が30万件を突破したと発表。これが株価を刺激したようだ。同サービスは2015年10月に開始して以降、導入企業数・累計契約締結件数は順調に伸長。同社では今後も導入企業数を拡大させるともに、新機能を順次追加していく予定だとしている。

■ベル24HD <6183>  1,969円  +52 円 (+2.7%)  本日終値
 ベルシステム24ホールディングス<6183>が大幅続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が17日付で、投資判断「オーバーウエート」を継続し、目標株価を2000円から2200円へ引き上げたことが好材料視されたようだ。同証券では、人手不足を追い風にした売り上げの拡大による利益成長を予想。また同社では、昨年10月から有期雇用社員の原則無期雇用化を業界に先駆けて導入しており、これにより特にベテラン年齢層の定着率がアップし、業務効率化の改善や採用募集費、教育研究費の低減に寄与しているとして、19年2月期の営業利益予想を103億円から109億円(会社予想103億円)へ、20年2月期を同115億円から120億円へ引き上げている。

■ファーストリテイリング <9983>  53,880円  +1,070 円 (+2.0%)  本日終値
 ファーストリテイリング<9983>が4日続伸し年初来高値を更新。岩井コスモ証券は17日、同社株の投資判断「A」を継続するとともに、目標株価は5万5000円から6万2000円に引き上げた。第3四半期累計(17年9月~18年5月)の連結営業利益は、前年同期比32%増の2388億9700万円と会社計画を上回り好調に推移。国内に加え中国や東南アジアなど海外ユニクロ事業が伸びた。同証券では18年8月期の連結営業利益は会社予想2250億円に対して2350億円(前期比33%増)と増額修正を予想。

■トヨタ自動車 <7203>  7,473円  +100 円 (+1.4%)  本日終値
 トヨタ自動車<7203>、日産自動車<7201>、ホンダ<7267>など自動車株に買いが先行。寄り付きの東京株式市場では、前日の欧米株高によるリスク選好ムードを引き継いでいるほか、足もと外国為替市場では1ドル=113円台に入る円安が進行、これが為替感応度の高い自動車株セクターに買いを誘う背景となっている。ドル・円相場は前日行われたパウエルFRB議長の上院議会証言において、段階的な利上げの継続が最善との見解を受けた日米金利差拡大の思惑が円安を助長する格好となっており、輸出セクターには追い風が意識されている。

■住友不動産 <8830>  4,148円  +48 円 (+1.2%)  本日終値
 住友不動産<8830>が4日続伸。東海東京調査センターが18日付で、投資判断「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を5000円から5500円へ引き上げたことが好材料視されたようだ。同センターでは、東京では企業業績の改善に伴うオフィス移転や増床需要が顕在化し、好環境を背景に同社の既存ビルにおける賃料アップ、新ビルのテナント誘致が順調に進捗している点に注目。同社は、東京のオフィス物件比率が賃貸資産の90%以上と高く、同市場に対する市況エクスポージャーが高いことから、賃貸事業を軸に19年3月期以降も着実な利益成長を実現するとみて、19年3月期の営業利益は会社計画を上回る2180億円と予想している。また、新規開発にも余念がなく、新ビルの順次業績寄与が期待できる点も魅力としており、20年以降も賃貸事業を軸とした業績拡大を見込んでいる。

株探ニュース

日経平均