市場ニュース

戻る
2018年07月17日09時07分

【特報】話題株先取り【寄り付き】(1):コロプラ、島精機、クリレスHDなど

※この記事はリアルタイム株価記載のため、プレミアム会員向けに20分先行して配信しています。
コロプラ <日足> 「株探」多機能チャートより
■コロプラ <3668>  799円  +54 円 (+7.3%)  09:07現在
 14日に発表した「スイッチ向け『白猫』2020年発売へ」が買い材料。
 ニンテンドースイッチ向け「白猫プロジェクト」を2020年に発売する予定。14日付でティザーサイトとともに、イメージビジュアルとトレーラームービーを公開。

■島精機製作所 <6222>  6,110円  +310 円 (+5.3%)  09:07現在
 13日に発表した「ファストリとの提携強化」が買い材料。
 ファーストリテイリング <9983> との戦略的パートナーシップを強化。中長期的で包括的なニット商品の開発と技術革新への取り組みを加速する。

■クリレスHD <3387>  1,312円  -90 円 (-6.4%) 特別売り気配   09:07現在
 13日に決算を発表。「3-5月期(1Q)経常は9%減益で着地」が嫌気された。
 クリエイト・レストランツ・ホールディングス <3387> が7月13日大引け後(17:00)に決算を発表。19年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比8.6%減の19.3億円に減り、通期計画の74億円に対する進捗率は26.1%となった。
  ⇒⇒クリレスHDの詳しい業績推移表を見る

■ハーモニック <6324>  4,515円  -210 円 (-4.4%) 特別売り気配   09:07現在
 17日付の朝刊で「4-6月期売上高は47.3%増」と一部報じられたことが材料視された。

■東宝 <9602>  3,275円  -145 円 (-4.2%)  09:07現在
 13日に決算を発表。「3-5月期(1Q)経常は27%減益で着地」が嫌気された。
 東宝 <9602> が7月13日大引け後(15:00)に決算を発表。19年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比26.5%減の129億円に減ったが、通期計画の398億円に対する進捗率は32.4%となり、5年平均の29.4%とほぼ同水準だった。
  ⇒⇒東宝の詳しい業績推移表を見る

■パソナグループ <2168>  1,763円  +120 円 (+7.3%) 特別買い気配   09:07現在
 13日に決算を発表。「前期経常が上振れ着地・今期は27%増益、前期配当を1円増額・今期は1円増配へ」が好感された。
 パソナグループ <2168> が7月13日大引け後(15:30)に決算を発表。18年5月期の連結経常利益は前の期比53.5%増の66.3億円に拡大し、従来予想の56億円を上回って着地。19年5月期も前期比26.7%増の84億円に伸びる見通しとなった。8期連続増収、5期連続増益になる。同時に、前期の年間配当を12円→13円(前の期は12円)に増額し、今期も前期比1円増の14円に増配する方針とした。
  ⇒⇒パソナグループの詳しい業績推移表を見る

■物語コーポレーション <3097>  9,910円  +500 円 (+5.3%)  09:07現在
 13日に発表した「6月既存店売上高は4%増」が買い材料。
 6月既存店売上高は前年同月比4.0%増と2ヵ月ぶりにプラスに転じた。

■ラクスル <4384>  3,000円  +150 円 (+5.3%) 特別買い気配   09:07現在
 13日に業績修正を発表。「今期経常を4.4倍上方修正」が好感された。
 ラクスル <4384> [東証M] が7月13日大引け後(15:00)に業績修正を発表。18年7月期の経常損益(非連結)を従来予想の900万円の黒字→0.4億円の黒字(前期は11.6億円の赤字)に4.4倍上方修正した。
  ⇒⇒ラクスルの詳しい業績推移表を見る

■ドトル日レス <3087>  1,960円  -133 円 (-6.4%)  09:07現在
 13日に決算を発表。「3-5月期(1Q)経常は14%減益で着地」が嫌気された。
 ドトール・日レスホールディングス <3087> が7月13日大引け後(15:30)に決算を発表。19年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比13.7%減の27.5億円に減り、3-8月期(上期)計画の63.6億円に対する進捗率は43.3%にとどまり、5年平均の51.5%も下回った。
  ⇒⇒ドトル日レスの詳しい業績推移表を見る

■ベイカレント <6532>  3,545円  -210 円 (-5.6%) 特別売り気配   09:07現在
 13日に決算を発表。「3-5月期(1Q)税引き前は32%減益で着地」が嫌気された。
 ベイカレント・コンサルティング <6532> [東証M] が7月13日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。19年2月期第1四半期(3-5月)の税引き前利益(非連結)は前年同期比32.3%減の7.1億円に落ち込み、通期計画の47億円に対する進捗率は15.2%にとどまり、さらに前年同期の26.1%も下回った。
  ⇒⇒ベイカレントの詳しい業績推移表を見る

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均