市場ニュース

戻る

【材料】PSSが後場上げ幅を拡大、小型の全自動遺伝子検査装置を開発

PSS <日足> 「株探」多機能チャートより
 プレシジョン・システム・サイエンス<7707>が後場上げ幅を拡大。午後2時ごろ、小型の全自動遺伝子検査装置(リアルタイムPCR検査装置)「geneLEAD8」を開発したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 同製品は、中型の全自動遺伝子検査装置「geneLEAD7 plus」に続くgeneLEADシリーズ製品で、核酸抽出からリアルタイムPCR(ごく少量のDNAを大量に複製する手法)解析までが約90分で可能なことが特徴。これまで、遺伝子検査が実施できなかった中小規模の病院でも遺伝子検査が可能になるだけではなく、コストや精度を含め極めて競争力の高い遺伝子検査の実現が期待できるとしている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新日:2018年07月13日 14時35分

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均