市場ニュース

戻る

【市況】NY金:反発で1246.60ドルでもインフレ加速の思惑は後退せず


NY金先物8月限は反発(COMEX金8月限終値:1246.60 ↑2.20)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比+2.20ドルの1オンス=1246.60ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて1241.40ドルから1248.80ドルで推移した。インフレ加速の思惑は後退していないことや、株高が嫌気されたが、金先物の自律反発を狙った買いが入っており、NY金先物は下げ渋った。
《CS》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均