市場ニュース

戻る
2018年07月03日14時40分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】蓮舫氏:立憲民主・自由・社民三党でギャンブル依存症対策法案の対案を提出


立憲民主・蓮舫氏は「参議院に、衆議院から送付された自民・公明・維新三党のギャンブル依存症対策法案の対案として、立憲民主・自由・社民三党でこの議員立法を提出しました。 今日の内閣委員会は参考人からの意見陳述、参考人に対する質疑が行われました」とツイート。野党案では、与党案の「ギャンブル等依存症対策基本法案」(パチンコをギャンブルとせず、「等」と整理)とは異なり、ギャンブル依存症を積極的に防止する必要があるとの基本理念に立ち、ギャンブル事業者の責務などを詳細に規定し、回復を担う民間団体への支援の充実など、患者・家族の立場に立って、対策の実効性を確保するための政策を詳細に規定している。

《MK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均