市場ニュース

戻る

【通貨】英ポンド週間見通し:もみ合いか、8月利上げ観測は後退せず

ドル円 <日足> 「株探」多機能チャートより

■対円レートは反転、英1-3月期GDPの上方修正などを好感

先週のポンド・円は反転。一時143円台後半まで下落したが、米ドル・円相場が円安方向に振れたことや1-3月期英国内総生産確報値が前期比+0.2%に上方修正されたことから、対円でのポンド買いが活発となった。ユーロ買い・円売りの取引が週末前に拡大したことも意識されたようだ。取引レンジ:143円78銭-146円34銭。

■もみ合いか、8月利上げ観測は後退せず

今週のポンド・円はもみ合いか。直近における英中央銀行金融政策委員会(MPC)でタカ派的な見解が提示されており、8月開催のMPC会合での追加利上げ観測が浮上している。リスク回避的なポンド売りはやや縮小したが、欧州連合(EU)離脱に関する法案審議をめぐる政局リスクは、ポンド高を抑制する要因となる。

○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・2日:6月マークイット製造業PMI(予想:54.3)
・4日:6月マークイットサービス業PMI(予想:53.9)

予想レンジ:145円50銭-147円50銭

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均