市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は76円安でスタート、東エレクや安川電がさえない/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 22195.19 (-76.58)
TOPIX  : 1726.29 (-5.16)


[寄り付き概況]

 28日の日経平均は前日比76.58円安の22195.19円と続落して始まった。前日の米国市場では石油相場の上昇が材料視されるも、ハイテク株の下落が重石となった。シカゴ日経平均は大証比100円安の22130円で引けており、日経平均はこれにサヤ寄せする格好でのスタートとなった。寄り付き直後に下げ幅200円を超える場面もあったが、22000円水準で下げ止りをみせている。主力株では、自動車やメガバンクに押し目拾いの動きがみられるものの、ハイテク株の戻りは鈍い。

セクターでは、医薬品、繊維製品、化学などが軟調。売買代金上位では、東京エレクトロン<8035>、昭和シェル石油<5002>、安川電機<6506>、キーエンス<6861>がさえない。一方で、武田薬品<4502>などは堅調。また円相場がやや円安に振れて推移しており、自動車株が底堅い。
《US》

 提供:フィスコ

日経平均