市場ニュース

戻る
2018年06月27日09時05分

【市況】東京株式(寄り付き)=反落、米株高も原油急騰で目先買い手控え

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 27日の東京株式市場は売り優勢で始まり、寄り付きの日経平均株価は前営業日比21円安の2万2320円と小幅反落。

 前日の米国株市場ではNYダウなど主要指数が上昇したが、米トランプ政権の通商政策に対する懸念がくすぶり見送りムード。トランプ大統領がイランへの経済制裁の一環として、日本を含め世界各国に同国原油の輸入を停止するように求めていることで、原油価格が急騰、WTI原油先物価格は1バレル=70ドル台に乗せてきた。この影響を見極めたいとの思惑が主力株中心に買い手控え要因となっている。ただ、外国為替市場では1ドル=110円台で推移しており、下値では押し目買いが入り下げ幅は限定的となる可能性がある。

 寄り付き時点で業種別では33業種中、15業種が高く、値上がり上位に石油、鉱業、紙パルプなど。一方、値下がりで目立つのはゴム製品、食料品、空運など。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均