市場ニュース

戻る

【材料】東洋精糖<2107>のフィスコ二期業績予想

東洋糖 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年6月11日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東洋精糖<2107>

3ヶ月後
予想株価
1,300円

「みつ花印」ブランドを展開する製糖業界中堅。砂糖以外にも化粧品素材や食品素材、医薬品素材などを展開。塩水港精糖やフジ日本精糖と共同生産。18.3期実績は大幅増益。19.3期営業利益は、6.8億円を計画。

砂糖事業は販売伸び悩みと天候不順響くも、原料価格軟化で採算改善。化粧品原料は急伸。好調の機能素材は、素材開発や新用途開発、ハラール認証、コーシャ認証活用などで拡大路線。株価下値強固で、堅調推移を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/13,600/680/750/530/97.20/30.00
20.3期連/F予/14,600/800/860/630/115.50/30.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/06/11
執筆者:YT

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均