市場ニュース

戻る

【経済】政府関係者、中国はブロックチェーン基準を2019年には発行する


中国は、2019年の終わりまでに、広範囲にわたるブロックチェーンの基準を発行しようとしていると、中国政府の高官が現地メディアに語った。
Xinxua’sEconomicInformationDailyに語ったところによると、中国IT省が後援している基準研究機関のブロックチェーン研究所の責任者であるLiMing氏は、献身的なワーキンググループはすでにプロジェクトの作業を開始した、と語った。
そのグループ、さまざまな政府機関が集まって構成されており、ブロックチェーンと分散型会計基準委員会として知られている。
EIDが報道しているように、北京政府は、中国におけるブロックチェーン産業の開発を進展させるための新しい規制を期待するものではない、という態度をとっている。
「産業に何らかのガイダンスを与えるものである」と、LiMing氏は言葉を言い換えている。
中国当局はここ数カ月、ブロックチェーンの可能性を支持し続けている。2018年4月下旬、中国人民銀行のデジタル通貨協会のYaoQian氏は、現在の流動性の発生状況に警戒をしながら、その技術は、さらなる注意と研究を保証するものである、と語った。
情報技術セキュリティセンターの国立センター長であるYuKequn氏によれば、国際的な競争を維持しながら、しかし、ブロックチェーンの研究は北京政府にとっては不可欠であると、EIDに次のように語った。
「ブロックチェーン技術の開発は、中国にとって国際的な技術競争に勝利をするためには、重要なステップになるかも知れない」
出典:Cointelegraph


【ニュース提供・エムトレ】

《HT》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均