市場ニュース

戻る
2018年05月22日17時21分

【市況】22日の中国本土市場概況:上海総合0.02%高で小幅続伸、通信・天然ガス銘柄に買い

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

22日の中国本土市場は3日続伸した。主要指標の上海総合指数は、前日比0.51ポイント(0.02%)高の3214.35ポイントに上昇している。上海A株指数も小幅ながら上昇し、0.54ポイント(0.02%)高の3366.61ポイントで取引を終えた。両取引所の合計取引額はやや減少。22日の売買代金は、21日の4612億2000万人民元から4381億9800万人民元(上海証券取引所1857億2200万人民元、深セン証券取引所2524億7600万人民元)に減少した。

上昇したセクターは養殖、通信、天然ガス、医療機器、DNA解析、医薬など。上海愛嬰室商務服務(603214/SH) 、広東道氏技術(300409/SZ)、寧波戴維医療器械(300314/SZ)、益生(002458/SZ)、新疆浩源(002700/SZ)、新疆天潤乳業 (600419/SH) 、杭州福斯特応用材料 (603806SH) 、甘粛莫高実業発展(600543/SH)などが値上がり率上位に並んだ。半面、不動産、海南省関連、石炭、鉄鋼、海運、自由貿易港関連、銀行、証券、保険などの銘柄は下落している。

外貨建てB株の相場は小反落。上海B株指数が0.14イント(0.04%)安の321.25ポイント、深センB株指数が2.87ポイント(0.26%)安の1107.34ポイントで終了した。


【亜州IR】

《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均