市場ニュース

戻る
2018年05月18日12時32分

【材料】ツガミに再評価余地、国内有力証券は新規「B+」でカバレッジ開始

ツガミ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ツガミ<6101>に再評価余地が指摘されている。岩井コスモ証券は17日、同社株の投資判断を新規「B+」でカバレッジを開始した。目標株価は1400円としている。18年3月期の連結営業利益は前の期比2.2倍の69億4200万円と大幅増益だった。自動車の電装化や電気自動車(EV)の生産などに関連して自動旋盤の売り上げが拡大した。19年3月期も半導体産業の増産投資やIT機器向けで好調な受注が見込め、同利益は会社計画80億円に対して85億円(前期比22%増)への増額修正を予想している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均