市場ニュース

戻る
2018年05月18日07時00分

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 大真空、アイレックス、ニレコ (17日大引け後 発表分)

大真空 <日足> 「株探」多機能チャートより

 17日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 大真空 <6962>   ★今期経常は4.7倍増益へ
 ◆18年3月期の連結経常利益は前の期比86.1%減の2.1億円に落ち込んだものの、続く19年3月期は前期比4.7倍の10.2億円に回復する見通しとなった。今期はウェアラブル機器や車載関連、産業機器向けの需要が増加するほか、超薄型水晶デバイスなど付加価値の高い差別化製品を展開し、利益急回復を見込む。

 ニレコ <6863> [JQ]  ★今期経常は10%増益、前期配当を4円増額
 ◆18年3月期の連結経常利益は前の期比37.1%増の7.8億円に拡大して着地。続く19年3月期も前期比9.7%増の8.6億円に伸びる見通しとなった。今期は鉄鋼業界や電子部品・高機能フィルム関連メーカーの設備投資需要が堅調に推移するなか、プロセス制御機器や位置制御装置などの販売が伸び、8.7%の増収を見込む。
  業績好調に伴い、前期の年間配当を20円→24円に増額し、今期も24円を継続する方針とした。

 アイレックス <6944> [JQ]  ★今期最終は3.2倍増益へ
 ◆18年3月期の連結最終利益は前の期比14.3%減の2億2100万円で着地。非連結決算に移行する19年3月期の同利益は前期連結比3.2倍の7億1000万円に急拡大する見通しとなった。今期はクラウド構築や組み込みソフト開発に加え、次世代通信システム関連の需要取り込みに注力し、9.3%の増収を見込む。前期に計上した子会社合併による退職給付費用がなくなるほか、連結子会社の吸収合併に伴い、抱合せ株式消滅差益4.2億円が発生することも利益を大きく押し上げる。

株探ニュース

日経平均