市場ニュース

戻る

【材料】ハウスドゥが買い気配、今期経常最高益予想を36%上乗せ、配当も12円増額

ハウスドゥ <日足> 「株探」多機能チャートより
 2日大引け後、ハウスドゥ <3457> が決算を発表。18年6月期第3四半期累計(17年7月-18年3月)の連結経常利益が前年同期比47.2%増の11.9億円に拡大して着地したことが買い材料視された。

 住宅ローンの低金利が続くなか、不動産売買事業で販売用不動産の売却が順調に進んだことが寄与。ハウス・リースバック事業で不動産ファンドへ物件を売却したことも収益を押し上げた。また、フランチャイズ事業や不動産金融事業の伸長も大幅増益に貢献した。

 業績好調に伴い、通期の同利益を従来予想の14億円→19億円に35.7%上方修正。増益率が26.9%増→72.3%増に拡大し、従来の2期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。併せて、期末一括配当を従来計画の27円→39円(前期は20円)に大幅増額修正した。

 同時に、中期経営計画で掲げた19年6月期の経常利益目標を17億円→30億円に引き上げると発表している。

株探ニュース

日経平均