市場ニュース

戻る

【材料】大東港運<9367>のフィスコ二期業績予想

大東港運 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年4月20日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

大東港運<9367>

3ヶ月後
予想株価
600円

冷凍・冷蔵の畜産物、水産物等の海上貨物輸送に関する事業を展開。冷凍・冷蔵食品の通関は全国トップレベル。M&A実施。輸出入貨物取扱事業は堅調。畜産物や水産物、農産物などが増加。18.3期3Qは2桁増収。

鉄鋼物流事業は収益好調。鉄鋼製品の国内需要増で取扱量が増加。その他事業は陸上運送収入、港湾運送収入が増加。18.3期通期業績予想の据え置きは保守的。PBRは1倍割れ。今後の株価は見直し先行の展開か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/20,500/780/780/490/55.07/10.00
19.3期連/F予/21,500/830/830/520/58.44/10.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/20
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均