市場ニュース

戻る

【材料】新興市場銘柄ダイジェスト:テラプロが大幅続伸、シェアリングTは急伸

ニチダイ <日足> 「株探」多機能チャートより

<6467> ニチダイ 1309 +121
大幅反発。19年3月期の営業利益予想を前期比27.1%増の9.60億円と発表した。ネットシェイプ事業の金型部門におけるアジア地域向けの売上高の増加やフィルタ事業の堅調な推移を受け売上高は過去最高更新を見込むという。同時に発表した18年3月期の営業利益は同17.6%増の7.55億円で着地、期末配当は従来予想の8.00円から10.00円(うち特別配当2.00円、前期は10.00円)に増額した。


<9263> ビジョナリーホールデ 105 +5
大幅続伸。新たに連結子会社「VisionWedge」を設立すると発表している。アイケアニーズの掘り起こしと事業基盤の強化・拡大を図ることが目的。新会社はメガネ・サングラス・補聴器関連商品を中心とした卸販売「ホールセール事業」を軸に、「コンサルティング事業」や「アイケアコミュニケーション事業」を展開する。同社は4月27日に連結子会社の清算結了を発表するなど事業の再編を進めている。


<6627> テラプロ 1434 +36
大幅続伸。17年4月14日に公表したマイクロンジャパンへの事業譲渡が完了したと発表している。譲渡したのは、マイクロンジャパンのグループ会社であるマイクロンメモリジャパン(旧エルピーダメモリ)に対する半導体テストサービス事業で、譲渡価格は3509万6625米ドル(37.70億円)。譲渡完了に伴い、18年12月期第2四半期に特別利益の発生が見込まれることから、買いが集まっている。


<3691> リアルワールド 1397 +72
一時ストップ高。セブン銀行<8410>及び傘下のセブン・ペイメントサービスと連携したと発表している。銀行口座がなくてもリアルワールドで貯めたポイントを現金に交換し、セブン銀行のATMやセブン-イレブンのレジで受け取ることができるサービスを14日から開始する予定。ポイント交換サイト「PointExchange」から「セブン銀行(現金受取サービス)」を選択して利用する。


<3989> シェアリングT 2729 +206
急伸。7日と9日の2日間の日程で「個人投資家向けオンライン説明会」を開催すると発表している。スピーカーは取締役CFO管理本部長兼経営戦略室長の篠昌義氏。18年9月期第2四半期決算の説明や今後の展望について説明する。投資家に対して公平な情報開示を行うとともに、より多くの人々に同社について理解してもらうことが目的。個人投資家への積極的なIR活動が評価され、値を上げているようだ。


<6175> ネットマーケ 663 -118
急落で年初来安値更新。米フェイスブックのザッカーバーグCEOが、カリフォルニア州サンノゼで開いた開発者向けイベントで、利用者が恋愛相手を探す「出会い機能」をフェイスブックの新サービスとして導入することを発表したと報じられている。ネットマーケティングの事業の柱である恋愛マッチングサービス「Omiai」とフェイスブックの出会い機能が競合する可能性があるとみられているようだ。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均