市場ニュース

戻る

【材料】松屋は冴えない、4月銀座本店売上高は10カ月連続で前年上回るも反応限定的

松屋 <日足> 「株探」多機能チャートより
 松屋<8237>は冴えない展開。1日の取引終了後に発表した4月度の売上速報で、銀座店と浅草店を合わせた銀座本店の売上高は前年同月比9.0%増となり、10カ月連続で前年実績を上回ったが、市場の反応は限定的のようだ。

 銀座店は、8階イベントスクエアで開催された「与勇輝展」「ウォーリーを探せ!展」などの文化催事が好評となり、売上高・入店客数ともに前年を大幅に上回った。また、気温が高い日が続いたことで、婦人部門のブラウス、ワンピースや、雑貨の帽子、サングラスが好調に推移した。なお、免税売上高は引き続き化粧品、ラグジュアリーブランド、時計などが堅調だった。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均