市場ニュース

戻る

【材料】クイック---18/3期は営業利益が10.0%増、人材サービス事業が順調に推移

クイック <日足> 「株探」多機能チャートより

クイック<4318>は27日、2018年3月期連結決算を発表した。売上高が前期比15.1%増の167.75億円、営業利益が同10.0%増の21.98億円、経常利益が同10.9%増の23.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同17.0%増の16.27億円となった。

人材サービス事業の人材紹介は、一般企業への専門職・技術職紹介、医療施設への看護師紹介実績はともに順調に拡大した。
人材派遣・紹介予定派遣・業務請負等は、専門性を要するIT及びWeb関連職種のほか、オフィスワークを中心にパートタイム派遣が伸長したことに加え、医療・福祉分野へのスタッフ派遣や保育士派遣についても引き続き順調に推移した。

リクルーティング事業では、中途採用領域において、派遣登録スタッフ及びアルバイト・パート等の求人広告の取り扱いが堅調に推移するとともに、正社員の求人広告取り扱いについても底堅く推移した。
新卒採用領域も、2019年3月卒業予定の大学生向け新卒採用広告や合同企業説明会等のイベント出展に関する取り扱いが拡大した。
また、求人広告取り扱い以外のサービスも採用サイトや会社パンフレットをはじめとする採用ツール等の制作物の取り扱いが順調に推移した。一方、待遇改善や採用強化をはじめ人材への投資を進めたことで人件費等の費用が拡大した。

情報出版事業では、北陸の住宅情報誌の広告取り扱いや住宅領域のサービスに加え、折り込みチラシ等のポスティングサービスが引き続き堅調に推移した。また、主力の生活情報誌は、飲食店やショップ等のタウン広告の取り扱いが好調だったことで石川エリアの業績が上向いてきたものの、富山・新潟エリアにおいては苦戦が続いた。

ネット関連事業では、業界各社のプロモーションニーズも旺盛な状況が続き、人事・労務に関するポータルサイト「日本の人事部」の広告収入が順調に推移した。

海外事業では、QUICK USA,Inc.において、登録サイトのスマートフォン対応や使い勝手を考えたデザインリニューアル等による登録者獲得強化にも取り組み、人材紹介・人材派遣とも順調に拡大した。
上海クイック有限公司は、顧客企業の経営強化につながる従業員の適正報酬の分析や人事制度の整備、人材育成のための研修等の人事労務コンサルティングが堅調だった。
QUICK GLOBAL MEXICO S.A. DE C.V.は、現地日系企業への通訳や営業・生産管理・経理職等の人材紹介が順調に拡大した。また、Centre People Appointments LTD.は、人材紹介・人材派遣とも堅調に推移した。

2019年3月期通期の連結業績予想は、売上高が前期比10.3%増の185.00億円、営業利益が同4.6%増の23.00億円、経常利益が同10.0%増の25.30億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同7.8%増の17.53億円を見込んでいる。

《MW》

 提供:フィスコ

日経平均