市場ニュース

戻る

【材料】前田工繊が大幅続伸、自動車資材向け好調で3月中間期は2ケタ営業増益

前田工繊 <日足> 「株探」多機能チャートより
 前田工繊<7821>が大幅続伸。4月27日の取引終了後に発表した第2四半期累計(17年9月21日~18年3月20日)連結決算が、売上高170億6900万円(前年同期比6.0%増)、営業利益24億1800万円(同19.8%増)、純利益17億3200万円(同14.0%増)と2ケタ営業減益となったことが好感されている。

 自動車資材などで使用されるスパンボンド(連続長繊維不織布)が引き続き好調に推移したほか、子会社業績も想定を上回り堅調となったことが寄与した。なお、18年9月期通期業績予想は、売上高340億円(前期比8.8%増)、営業利益44億円(同8.2%増)、純利益32億7000万円(同5.2%増)の従来見通しを据え置いている。

 同時に、子会社未来のアグリが、杜のいちご(宮城県・七ヶ宿町)といちごの周年栽培を可能にするための温室ハウスと栽培システムを提供することで業務提携すると発表しており、これも好材料視されているようだ。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均