市場ニュース

戻る

【材料】レーサムは底離れ鮮明、不動産流動化ビジネスにもインバウンド特需

レーサム <日足> 「株探」多機能チャートより
 レーサム<8890>が一時5%近い上昇で窓を開けて買われ3日続伸。底値もみ合いから離脱して25日移動平均線との下方カイ離を解消する展開となっている。訪日外国人観光客の増加が商業地を中心とする地価上昇を後押ししている。地方圏でも、昨年に公示地価が26年ぶりにプラス転換した。特に札幌、仙台、広島、福岡の地方主要4市は9割を超える地点で地価が値上がりしている状況にあり、それを背景に不動産流動化ビジネス市場の拡大にも期待が高まってきた。そのなか、富裕層に投資用物件を販売し、ファンド運用も手掛ける同社は福岡中心部に九州最大のホステルを開設しており、今後の業容拡大効果が期待される状況にある。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均