市場ニュース

戻る

【経済】楽天グループが独自の仮想通貨発行を計画


仮想通貨をめぐる話題には事欠かないのが実情だが、ここにきてビッグニュースが飛び込んできた。あの楽天グループが独自の仮想通貨の発行を計画しているというニュースだ。仮想通貨の情報サイトであるCointelegraphが、それについて取り上げている。
時価総額12億5000万ドル(約1325億円=1ドル106円で計算)を超える日本最大級の電子商取引企業である楽天グループは、ブロックチェーンの技術と既存の楽天スーパーポイントロイヤルティプログラムをベースにして、楽天コインと呼ばれる独自の仮想通貨を開始する計画を持っている。

この発表は、2018年2月27日に、スペインのバルセロナで開催された「モバイルワールドコングレス」でのスピーチのなかで、楽天グループの最高経営責任者であり、創業者の三木谷浩史氏が明らかにしたものである。三谷宏氏によって発表されました。
ちなみに、「『モバイルワールドコングレス』とは、世界最大級の携帯電話関連展示会と世界中の携帯電話会社、端末製造メーカー、テクノロジープロバイダー、販売会社、コンテンツ会社の有名最高経営責任者が出席するカンファレンスを複合したイベントである。当初は『GSMWorldCongress』と称し、後に『3GSMWorldCongress』と改名された。『3GSM』もしくは『3GSMWorld』とも呼ばれる」(出典はこちら)。
三木谷氏は、新しく発表した資産をボーダレスの通貨と説明し、AmazonやAlibaba、eBayのようなオンライン小売業者との差別化、小売業者と商人との関係の再構築という、楽天が掲げる構想を明確にした。
三木谷氏は、次のように述べている。
「基本的に、私たちの構想は、小売業者と商人のネットワークを再構築することです。私たちは、彼らを顧客から切り離したいとは考えていませんが、触媒として機能することを期待してします。より多くの利便性を与えるのではなく、社会に活力をいかに与えるかというのが、私たちの哲学です」
楽天スーパーポイントロイヤルティシステムは15年前に発売されて以来、大きな成功を収めている。その結果、楽天の顧客に対してトータルすると、1兆以上のスーパーポイントが発行されており、ざっと見積もっても91億ドルに等しい価値がある。
ポイントは、顧客が市場で商品を購入するたびに取得され、将来の購入割り引きに使われたり、ショッピングプラットフォーム上で特定の商品やサービスを購入するために使用することができる。
楽天グループは、顧客を魅了して誘致するために、ブロックチェーン技術に基づいたロイヤルティプログラムを実行しようと考えており、世界規模で新しいロイヤリティメンバーを募集するために、仮想通貨にタイする高まる関心を利用しようとしている。
しかし、楽天グループは、サービスの開始日についての詳細を発表していない。
それについての最新の告知は、楽天グループがビットコインの決済プロセッサーの知的財産であるBitNetを取得し、電子商取引やFintech分野のブロックチェーンを研究するための楽天ブロックチェーン研究所を開設したあとのおよそ2年後までまたなければならない。
出典:Cointelegraph


【ニュース提供・エムトレ】

《HT》

 提供:フィスコ

日経平均