市場ニュース

戻る
2018年01月13日10時36分

【材料】大阪ソーダ<4046>のフィスコ二期業績予想

大阪ソーダ 【日足】
多機能チャートへ
大阪ソーダ 【日中足】

※この業績予想は2017年12月29日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

大阪ソーダ<4046>

3ヶ月後
予想株価
3,000円

基礎化学品と機能化学品が事業の柱。基礎化学品は紙漂白や上下水道の滅菌で使われる苛性ソーダ等を扱う。機能化学品は基礎化学品が主原料の合成ゴムや合成樹脂等。18.3期2Q累計は経常益と最終益が二桁増益と好調。

18.3通期は約6%の営業増益予想。新製品の上市や海外事業の拡大、ヘルスケア事業 の拡大に取り組む。新研究開発棟による次世代の新製品送出と新領域拡大へ。株価は堅調な業績とともに三角持ち合いを上放れへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連//100,000/7,000/7,000/4,600/218.32/33.00
19.3期連//105,000/7,500/7,500/4,900/232.66/55.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/12/29
執筆者:NI

《DM》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均