市場ニュース

戻る
2018年01月09日11時10分

【材料】C&GSYSは一時S高、CAD/CAMシステムの新バージョンを2月リリースへ

C&GSYS <日足> 「株探」多機能チャートより
 C&Gシステムズ<6633>が一時ストップ高まで買われた。同社は5日、金型向け2次元(2D)・3次元(3D)融合型のCAD/CAMシステム「EXCESS-HYBRID2(エクセスハイブリッドツー)」の新版「V3.1」を2月にリリースすると発表。アジア各国・地域で金型図面の国際化を促進するものとして期待されているようだ。

 新バージョンは、世界の主要な言語を扱うことができる文字コード規格「ユニコード」に対応しており、これにより金型設計図面に日本、韓国、中国、台湾の言語を混在させることが可能で、英語圏を含むアジア各国・地域での図面注記の互換性を保証。自動車関連部品などを生産する順送り金型の需要が高まるタイやインドネシア、フィリピンなど東南アジア諸国連合(ASEAN)地域で、金型先進国の日本や韓国から供給される金型図面の修正や設計変更など、生産拠点間の意思疎通や技術共有を促進することができる。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均