市場ニュース

戻る
2017年11月15日10時04分

【材料】日機装が急反落、米CIグループ買収に伴う費用計上で17年12月期業績予想を下方修正

日機装 <日足> 「株探」多機能チャートより
 日機装<6376>が急反落している。14日の取引終了後、17年12月期の連結業績予想について、営業利益を60億円から40億円(前期比18.3%減)へ、純利益を45億円から25億円(同8.4%減)へ下方修正したことが嫌気されている。売上高は1400億円(同5.3%増)で据え置いた。

 米クライオジェニック・インダストリーズ買収に関連したアドバイザリー費用やのれん償却費の計上、メディカル分野におけるCRRT事業の業績悪化などが利益を押し下げるという。また、完結途上にある品質不適合対策費用の計上や宮崎新工場および東村山航空宇宙工場の立ち上げ費用の計上なども響くという。

 なお、同時に発表した第3四半期累計(1~9月)決算は、売上高983億1800万円(前年同期比7.1%増)、営業利益11億6700万円(同65.7%減)、純利益11億2800万円(同4.4倍)だった。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均