市場ニュース

戻る
2017年11月14日15時04分

【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は3日ぶり反落、ビーマップ、ニーズウェルが売られる

ジャスダック <日足> 「株探」多機能チャートより
 14日大引けの日経ジャスダック平均は前日比21.11円安の3684.04円と3日ぶり反落。値上がり銘柄数は234、値下がり銘柄数は421となった。

 個別ではクルーズ<2138>、ドーン<2303>、ウェッジホールディングス<2388>、セキュアヴェイル<3042>、パピレス<3641>など12銘柄が年初来安値を更新。ビーマップ<4316>、ニーズウェル<3992>、ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング<7169>、大阪油化工業<4124>、ヤマト・インダストリー<7886>は値下がり率上位に売られた。

 一方、麻生フオームクリート<1730>、新都ホールディングス<2776>、SAMURAI&J PARTNERS<4764>、ナガオカ<6239>がストップ高。アバールデータ<6918>は一時ストップ高と値を飛ばした。サムシングホールディングス<1408>、大成温調<1904>、UTグループ<2146>、柿安本店<2294>、フジオフードシステム<2752>など31銘柄は年初来高値を更新。エスケーエレクトロニクス<6677>、NKKスイッチズ<6943>、ソルガム・ジャパン・ホールディングス<6636>、オートウェーブ<2666>、山田コンサルティンググループ<4792>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース

日経平均