市場ニュース

戻る
2017年03月03日09時35分

【市況】日経平均は13円安でスタート、市場の関心はイエレンFRB議長講演へシフトか/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 19551.34 (-13.46)
TOPIX  : 1562.50 (-2.19)

[寄り付き概況]

 日経平均は小幅に反落して始まった。2日の米国市場では、前日の大幅な上昇の反動もあり、NYダウは100ドルを超える下げとなった。この流れからシカゴ日経225先物清算値は、大阪比55円安の19555円となり、これにサヤ寄せする格好から利食いが先行。ただし、想定内の反動安といったところであり、3月の米利上げの確率が上昇するなか、市場の関心は3日に予定されているイエレンFRB議長講演に移っている。円相場がやや円安傾向にあり、下値の堅さも意識されている。

 セクターでは電力ガス、海運、その他製品、水産農林、輸送用機器、食料品、空運が下落。一方で鉱業、石油石炭、建設、鉄鋼、不動産、卸売が下落。

《SK》

 提供:フィスコ

日経平均