市場ニュース

戻る
2017年02月16日14時55分

【特集】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位にゼネラルオイスター

Gオイスター <日足> 「株探」多機能チャートより
 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の16日午後2時現在で、ゼネラル・オイスター<3224>が「売り予想数上昇」で2位となっている。

 14日の取引終了後、17年3月期の連結業績予想について、売上高を42億円から39億円(前期比0.2%増)へ、営業損益を4000万円の黒字から4億5000万円の赤字(前期3億4200万円の赤字)へ、最終損益を3億3000万円の黒字から1億3400万円の赤字(同4億8600万円の赤字)へ下方修正した。最大の繁忙期である第3四半期において、宮城県の全海域からノロウィルスが検出されたことを受けて客数が激減し、既存店および新店ともに売り上げが計画を下回ったことが要因。また、大手町店およびウィング川崎店を閉店にしたことも響くという。

 同時に発表した第3四半期累計の連結決算は、売上高29億4100万円(前年同期比0.9%増)、営業損益3億6900万円の赤字(前年同期2億2100万円の赤字)、最終損益6億600万円の赤字(同3億7200万円の赤字)だった。同社では、こうした状況を受けて、第3四半期決算短信において、継続企業の前提に関する事項についての注記を行うとしており、下方修正とあわせて売り予想数の上昇にもつながっているようだ。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均