市場ニュース

戻る
2017年02月05日19時30分

【特集】利益成長“青天井”銘柄リスト【第1弾】 43社選出 <成長株特集>

東ソー <日足> 「株探」多機能チャートより
 17年3月期 第3四半期累計(4-12月)決算発表は、3日で半数近くの企業が発表を終えた。本特集では、3日までに発表された決算の中で、直近3ヵ月の実績である10-12月期に過去最高益を更新し、かつ通期計画も最高益を見込む、いわゆる利益が“青天井”状況になっている銘柄にスポットライトを当ててみた。

 下表では、本決算月にかかわらず、16年10-12月期(3ヵ月決算)に経常利益が全四半期ベースで過去最高益を10%以上、上振れて更新した銘柄をピックアップ。さらに、会社側が今期(通期計画)も過去最高益を5%以上、上回る見通しを示している43社を選び出し、10-12月期の過去最高益の上振れ率が大きい順に記した。

 上振れ率トップのマーベラス <7844> はゲームソフト「Fate/EXTELLA」「牧場物語」の販売好調や広告宣伝費の抑制が寄与し、10-12月期(第3四半期)の経常利益は四半期ベースの過去最高益を8四半期ぶりに79.1%も上回って着地。2位の東ソー <4042> はウレタン原料や塩化ビニール樹脂の市況上昇に円安効果が加わり、2四半期連続の最高益を達成した。3位のレック <7874> は主力の清掃用品を中心に販売が好調に推移する中、コスト削減による採算改善が利益を押し上げた。

 続く4位のフリークアウト・ホールディングス <6094> [東証M]はスマホ向け広告配信サービスが好調だったほか、持分法投資利益の発生も利益拡大に貢献した。5位の東プレ <5975> と6位の大日本住友製薬 <4506> は主力製品の売上増加に加え、昨年11月以降の円安が追い風となった。東プレは自動車用プレス部品や冷凍車、大日本住友は北米向けに抗精神病薬の販売が大きく伸びた。

 7位のM&Aキャピタルパートナーズ <6080> は前期から持ち越した豊富な案件在庫を背景にM&Aの成約が大きく伸びた。8位のスタートトゥデイ <3092> は主力の通販サイト「ZOZOTOWN」の取扱高拡大に加え、利益率の高い古着買取・販売事業の伸長が収益を押し上げた。

※来週12日20時に「利益成長“青天井”」シリーズ【第2弾】を配信する予定です。ご期待ください。

            ┌─ 四半期 経常利益 ─┐ ┌── 通期 経常利益 ──┐
コード 銘柄名    上振れ率 10-12月 過去最高 上振れ率 今期予想 過去最高
<7844> マーベラス    79.1  2862   1598   11.9   5850   5228
<4042> 東ソー      68.6  38855  23040   59.5  105000  65814
<7874> レック      65.0  1607   974   25.7   3000   2386
<6094> フリークHD   63.6   324   198   87.2   1050   561
<5975> 東プレ      63.4  7619   4663    8.6  18000  16576
<4506> 大日本住友    53.5  25983  16925    6.5  46000  43181
<6080> M&Aキャピ   50.4  1272   846   14.1   2123   1860
<3092> スタートトゥ   47.1  8803   5985   23.9  22150  17883
<7463> アドヴァン    45.1  3580   2467   18.4   6700   5659
<2612> かどや製油    40.3  1194   851   20.8   3300   2731

<9086> 日立物流     39.2  11825   8493    9.6  29500  26910
<5352> 黒崎播磨     38.5  2774   2003   23.5   7500   6071
<4528> 小野薬      37.4  25066  18245   13.8  70500  61955 *
<7575> 日本ライフL   35.8  2322   1710   46.7   6935   4726
<4368> 扶桑化学     32.3  3129   2365   30.2   9500   7299
<3199> 綿半HD     32.0   900   682    9.6   1881   1716
<6490> ピラー      31.5  1708   1299   10.9   4900   4418
<4471> 三洋化      31.4  5005   3810    9.1  14500  13294
<2413> エムスリー    31.0  7812   5965   15.3  23000  19950
<9171> 栗林船      24.4  1013   814   18.3   2200   1859

<2378> ルネサンス    24.3  1278   1028   14.3   3350   2932
<2222> 寿スピリッツ   23.9  1435   1158   11.3   3700   3325
<1332> 日水       23.9  11484   9271    9.9  23500  21392
<5344> MARUWA   23.3  1584   1285   14.5   4450   3885
<4968> 荒川化      22.4  1666   1361   24.6   4800   3851
<2782> セリア      22.4  4660   3808   21.0  14600  12063
<7250> 太平洋工     21.2  3206   2646    5.4   9500   9013
<7943> ニチハ      20.3  4513   3753   38.4  13000   9395
<3258> ユニゾHD    18.9  2921   2456   21.2  10300   8500
<8133> エネクス     18.3  5820   4918   13.3  17000  15004

<3895> ハビックス    17.1   453   387   17.3   1473   1256
<6644> 大崎電      15.9  2439   2104   21.6   6200   5100
<6028> テクノプロH   15.8  2618   2260   13.6   9000   7920
<6039> 動物高度医療   15.7   103    89   9.91   255   232
<2412> ベネ・ワン    15.3  1646   1428   24.0   5350   4313
<5907> JFEコンテ   14.1   921   807    6.4   2750   2585
<2729> JALUX    14.0  1509   1324    9.2   4300   3937
<4923> COTA     12.0   841   751    8.8   1229   1130
<6594> 日電産      11.5  41478  37190   19.5  140000  117164
<4975> JCU      11.5  1700   1525    9.6   5400   4926

<2208> ブルボン     10.8  2430   2194   13.2   4700   4151
<5358> イソライト    10.5   623   564   22.6   1900   1550
<4922> コーセー     10.3  13517  12259    5.0  36300  34566


 ※「*」:小野薬品工業の過去最高益は14年3月期から採用した国際会計基準(IFRS)以前の日本会計基準による決算を含めた最高益(05年3月期)です。
 ※2015年4月以降に上場した企業と今期見通しを開示していない企業は除いた。四半期の過去最高益は原則、四半期決算の開示が本格化した2003年4-6月期以降の業績に基づいたものです。

株探ニュース

日経平均