市場ニュース

戻る

【経済】メイ首相の17日の演説に対する関心高まる


 一部報道によると、メイ英首相は17日に行う演説で、移民流入を抑制し、立法権限を回復するため、欧州連合(EU)単一市場から撤退する意向を表明するもようだ。英紙サンデー・タイムズが伝えた。この報道を受けて16日早朝のアジア市場でポンドは急落し、節目の1ポンド=1.20ドルを再び下回った。

 市場関係者の間では、英国がEUから離脱した場合、EU単一市場へのアクセスは自動的に消滅すると理解されている。英政府も同様の見解を表明している。この見解を巡って英高等法院は英国がEU離脱に伴い、EU単一市場へのアクセスを自動的に失うかどうかの審理を今週中に行うもようだ。

 報道によると、メルケル首相は英国のEU離脱を巡る諸問題について、18日に閣僚と会合を開くもようだ。メルケル首相は英国にとって都合の良いEU離脱は認めないと主張しており、英高等法院がEU離脱によってEU単一市場へのアクセスが自動的に消滅することはないとの判断を下しても、ドイツなどのEU加盟国との交渉で英国が有利になるかどうか定かではないとの声が聞かれている。
《MK》

 提供:フィスコ

日経平均