市場ニュース

戻る
2016年11月30日08時21分

【市況】前場に注目すべき3つのポイント~米株高や円安を受けて買い先行もOPEC総会待ちに

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

30日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:米株高や円安を受けて買い先行もOPEC総会待ちに
■外資系証券の注文動向:差し引き30万株の買い越し
■前場の注目材料:3メガバンク、仮想通貨技術で送金処理の実験






■米株高や円安を受けて買い先行もOPEC総会待ちに


30日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開が続きそうである。29日の米国市場では7-9月期GDP改定値が上方修正されるなど堅調な経済指標が好感され、ダウ、ナスダックともに上昇。シカゴ日経225先物清算値は大阪比65円高の18355円だった。円相場は1ドル112円50銭辺りでの推移となっている。

米株高や円安を背景にシカゴ先物にサヤ寄せする格好から買い先行の展開となろう。ただし、その後はOPEC総会の行方を見極めたいとする模様眺めムードが強まりそうである。NY原油相場は複数のOPEC加盟国が減産に消極的だと伝わったことを受けて売り優勢の展開だった。ただ前日は楽観的見方から上昇するなど、本日も値動きの荒い展開になりそうだ。これが積極的な売買を手控えさせそうである。

一方で、米国では予想を上回る経済指標の発表が続いている。30日の米国ではMBA住宅ローン申請指数、ADP全米雇用報告、個人所得、個人消費支出、個人消費支出(PCE)価格コア指数、シカゴ購買部協会景気指数などが予定されている。12月利上げを後押しすることになりそうであり、ドル高・円安基調が押し目買い意欲を強めよう。

物色は直近で利食いに押されていた銘柄やセクターへの買いが意識される。また、逆日歩銘柄が7年8ヶ月ぶり高水準と伝えられるなか、需給妙味のある材料株等には、踏み上げ狙いの売買による短期資金の流入が意識されそうだ。


(株式部長・アナリスト 村瀬智一)



■外資系証券の注文動向:差し引き30万株の買い越し

朝の外資系証券5社経由の注文状況は、売り1770万株、買い1800万株、差し引き30万株の買い越しとの観測。なお、直近5日分の注文動向は以下の通り。


11月22日(火):250万株の買い越し
11月24日(木):590万株の買い越し
11月25日(金):10万株の売り越し
11月28日(月):120万株の買い越し
11月29日(火):80万株の買い越し



■前場の注目材料

・NYダウは上昇(19121.60、+23.70)
・NY原油は下落(45.23、-1.85)
・韓国の政治混乱、朴大統領退陣表明
・カジノ法案、衆院委できょう審議入り
・米フェイスブック、アプリ不要のゲーム
・防衛省、国産実証機「X-2」の基本性能確認
・日中国交正常化45周年見据え関係改善を推進
・政府、未就学児の医療費無償化促進する方針
・3メガバンク、仮想通貨技術で送金処理の実験、現行システムと同等の処理能力
・富士通<6702>、AI向け半導体開発へ
・日産<7201>、車両の状態を無線で診断
・ドコモ<9437>、自治体向け雨量観測計


☆前場のイベントスケジュール


<国内>
・08:50 10月鉱工業生産(前月比予想:0.0%、9月:+0.6%)


<海外>
・09:30 豪・10月住宅建設許可件数(前月比予想:+2.0%、9月:-8.7%)
・OPEC総会(ウィーン)関連の動き

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均