市場ニュース

戻る
2016年11月15日09時02分

【市況】個別銘柄戦略:銀行株の動向に関心が続く


米国市場はやや落ち着いた動きとなってきており、東京市場の短期的な過熱警戒感の強さが反映されてくる可能性もあろう。ただ、銀行株の強い動きが想定される中、円安を好感して買い先行後も、銀行株主導での堅調推移が公算のほうが大きいと見られる。バスケットの買い観測などもみられている。米国市場では格上げの動きなどもあって銀行株が高く、昨日発表された決算も概ね良好なものとなっている。ZMPの上場が正式に発表されたが、時価総額は想定よりも小さい水準とみられ、関連銘柄の動意などは限定的になりそうだ。一方、サムスンのM&A発表を受けて、カーナビ関連などには刺激材料となっていく余地もあろう。ほか、MSCIリバランスが発表されているが、ほぼ事前の想定どおりとみられる。

《KS》

 提供:フィスコ

日経平均